Migaku-美学-

美を学ぶ・育てる・すきになる

ハンドケアに短い爪はタブー

わたしはネイリストではありませんので、爪のお手入れは無頓着です

 
なので、断然爪切り派(笑)
 
(爪のためには、ヤスリやバッファーを使うのがbestですよ)
 
基本的に短めが好きだし、
ハンドケアをしたり、お肌に触れるお仕事なのでいつも切りすぎちゃうのですが
 
 
わたしは知りませんでした
 
 
実は短すぎる爪もあまり良くないことを…
 
何が良くないかっていうと
 
 
簡単に言えば、爪がないので指先を使うこと!!
 
指先を使うと、摩擦や刺激により皮膚が硬化しやすくなります。
 
 
考えてみれば、当然分かることでした(笑)
 
エステティシャンや美容師は指を使ってトリートメントをします。
長い爪は御法度。
指先が硬くてガサガサなんてあってはならぬことですね。
 
 
なので
 
絶妙な長さで切る!
f:id:Migaku:20161001101716j:image
薬指は欠けてしまったので、短すぎですが…
 
 
指先からギリギリ出ない長さ
肌に触れた時に爪が当たらない長さ
 
 
 
この話は、福祉皮膚美容士の講師講習の際に教えていただきました。
 
専門学校講師をされて、地域ボランティアなどもよく行かれる先生ですが、
 
最近の子どもも大人も爪が短すぎる!!といつもその場でレクチャーまでされるようです(笑)
 
 
良かれと思って、短く切っていた爪
 
すぐ伸びるからと短く切っていた爪
 
 
爪の役割を考えて見直しが必要なわたしでした。